2017年10月23日

平成の神風はどこに向いたか?

意味不明の解散劇の総選挙が終わった。結果としては国民の多くは現状を変えることを望まず、けれど監視の手も緩めない・・そういう風にワタシは受け取ったのだがいかがだろう。

公明正大ではない公明党や、希望の持てない希望の党、せずとも良い改革とやらを騒ぐだけで維新だと勘違いしている日本維新の党が伸び悩んだのは、その本質を国民が間違いなく読んだということだろうし、枝野氏がぎりぎりに立ち上げた立憲民主党が予想外の善戦を見せたのは、彼らがその立ち位置をはっきりさせたことが好感されたからだろう。

日本国民は自民党政権が継続することを望みながらも、自民党と言っていることが何ら変わりなく、ただ単に自らが議員であることのために思想を捻じ曲げる人たちをも、由としないという結果だともいえる。

今後だが、希望の党や維新は自民党と合流し、もともとが護憲の立場だった公明党は、本来のスジに戻って立憲民主と行動を共にすれば、それぞれ次回の総選挙では得票を伸ばせるのではないか。

ワタシは自分自身を「右翼リベラル」だと認識している。
支持政党は自民党(ただし安倍政権は支持しない)だし、憲法に関しても左翼政党の言う「九条護憲」ではなく、「全文保全」の立場だ。
ということは、象徴天皇制の護持を含むということだ。

およそ聖徳太子(実在したかは怪しいが)の時代から、この国の権力構造は二分化されていて、執権と天皇が並立することが最もうまく、政府が機能していた過去の流れからというのもある。
天皇という歯止めがあればこそ、大東亜戦争とまた呼ばれることが増えた戦争も、国が滅んでしまう結果には至らなかったわけだ。

その中で今回、安倍政権がやらかした「意味のない解散」のその結末として、マスコミが言うように自民党が大勝したわけでもなく、希望の党の敗因が小池氏の発言にあったのでもなく、日本国民のバランス感覚のなせる結果であったというのは間違いであろうか。
(小池氏の「排除」という発言は、彼女のスジが通っていることの証であるとワタシは受け取っていた・・彼女は初めから安保と憲法を条件にしていたのであり、逆に異質なものを認めてしまった彼女の妙な優しさが敗因であったともいえるし、民進党をぶっ壊すことになった前原氏の能天気さが希望の党を失速させたとみている)

そして投票日の、過去に例を見ない巨大台風の襲撃・・
日本は鎌倉時代に対外戦争に巻き込まれるのを、台風の襲来によって避けることができた幸運な国でもある。
故事に倣えば、今回の総選挙の最も大事な投票日に巨大台風の襲撃とは、まさに神風を思わせるではないか。

さて、その神風は結果的には誰に味方し、この国をどういう風に持っていくのか。

日本人が実は平和などを好まず、好戦的な国民であることを世界に宣言するのか、それとも、その積極性を本当の意味での平和に向けていくのか・・・
案外、人間の動きは自然というか、地球よってコントロールされているのではないかと、今回の結果を見てつくづく思うのだ。
posted by myp2004 at 06:30| Comment(0) | 電車おやじの愚痴ぐち | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

本当は日本人は。

久しぶりにここに書きます。

小池知事が作り上げた希望の党なる政党が、風を起こしてしまうようです。
民進党の代表になったばかりの前原氏は一気にこの政党を解党へと向かわせ、小池さんに合流する暴挙に出て、世間を驚かせています。
前原氏はもともと、民進党内では改憲論者であり、彼が小池さんに合流するのはこれは理解できます。
でも、彼は民進党を解党する方向へ向かわせてしまった。
民進党というのはワタシの認識が間違ってなければ、かつての社会党、民社党の流れをくむ人もいるはずで、党内では護憲論者もあるはずですが、ここに至ってその人たちが一気に沈み込むという…
もしかして、前原さん、初めからこうするつもりだったのか‥‥

なら、あっぱれな戦略だ。。。。。

ここ数年、ワタシがつくづく思うのは、日本人が平和を愛する国民性なんて言うのが、もしかしたらただの幻想かもしれない。
日本人は実はとても好戦的で独善的で、もしかしたら中華思想を叫ぶ隣の大国よりも、もっと、自分たちが中心になることを願っているのではないか…

かの公明党が自民党政権の中に入り、政権の行き過ぎを止めるブレーキ役どころか、政権をもっと加速させるターボ役をし始めて以来、日本人の戦後から続いた平和への概念は遠く捨て去られてしまったように感じます。
いまや、戦後すぐには好戦的であったはずの共産党だけが護憲を叫ぶ不思議の中、この国は今後もますます、平和思想から離れ、力を強調するようになっていくのでしょう。

そうでなければ、隣国の大国、あるいは隣国の独裁国家、あるいは味方のふりをしていながらいつ敵方になるかわからない隣国・・こういうところにいる以上は自国を守れないという考え方ももちろん、理解できます。
今から本気で「平和」というものを考えるワタシたちは、この大変な逆境の中で、世間の人が納得する言葉を述べていかねばならんのです。
民進党の崩壊はある意味では、護憲勢力の消滅ともいえるのではないでしょうか。

公明党が保守勢力に取り込まれて以来、日本は確実に戦争が可能な国家へと変貌を遂げようとしていて、その決算がここにきて衆院解散総選挙、民進党解党、オール保守化が完了するというシナリオ通りなのかもねと・・
ワタシは穿ってみているわけです。




posted by myp2004 at 22:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

広島原爆忌

平和の碑.jpg
先日、家族でここに行きました。
広島は私にとってはさまざまな思いのある土地で、まさかそこを家族で訪れることになるとは思いもよりませんでした。
(そのことは原爆とは何の関係もありませんが、その当時、この町で非常に多くの方々とであったことが何か意味があるのかとも思うのです。)

平和祈念館、原爆ドーム・・

何故に自分がこの町に青春の苦い思いを残してしまったか・・
ふっとそう思うこともあります。

飲み仲間だったある校長先生は、あのきのこ雲を生で見たそうです。
「この話は君が単なる友人だからしたんだ」

そういい、生徒さんには話をしたこともないそうです。

鉄道の現場で国鉄魂を叩き込んでくれた恩人は、原爆投下の翌日、街中に入り、親族を探して歩き回ったそうです。

その人は、時折、意味不明な体調不良に見舞われているようでしたが、被爆者の申請はしませんでした。

戦後、関西には多くの広島の人が移り住んでこられましたが、その方々が直面したのが差別だったと言うのは、我々関西人にとって非常に痛い教訓でもあります。

同じように沖縄から関西へ移ってこられた方々も差別の仕打ちにあったそうです。

人は苦しんでいる人を更に押さえつけるようなことをする・・

反戦・平和;反核という言葉で言うのは易しいですが、では、その被害に合った方々を更に押さえつけるようなことを、われわれはもう決してしないのでしょうか。

デモより署名より、人間の心の奥に潜む悪魔との対決こそが平和に、あらゆる人の幸福に繋がるのではないでしょうか。

今、福島の方々への、東北の方々への根の深い差別も実感すること・・人間とは弱く哀しいものです。

8月6日広島原爆忌

平和の碑現代.jpg
posted by myp2004 at 11:57| Comment(0) | 電車おやじの愚痴ぐち | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

トルコ在の日本人が見た朝鮮近代史

私がネットで知り合った友人でトルコに暮らす日本人の方がおられます。
トルコには大企業の駐在としていったわけでもなく、何か政治的・経済的野望を持っていったのでもないそうで、驚くことにこの人はトルコに行かれる前は韓国で暮らしておられたとのこと・・

だからこそ、日本の中でぬるま湯につかっていないからこそ書ける記事とでも言うのでしょうか。
朝鮮半島の近代史へも独特の史観を持っておられます。
そこで、今回、その方に許可を得て一文を紹介させていただくことにしました。

なお、トルコから世界を。日本を・日本人の目でトルコを見つめるウェブサイトを運営しておられます。
「メルババ通信」は以下です。
http://www.neo-pro.jp/makoto/
さて、転載許可いただいた日記の一文を。

**************

断絶された朝鮮の歴史


やはり86年頃だったと思う。韓国関連の本の中で、司馬遼太郎と鮮于(ソヌ・フィ)の対談に、強い感銘を受けた。鮮于は、韓国の小説家で、司馬遼太郎とほぼ同年輩の人物である。

それが対談の中の会話だったのか、鮮于氏によって加筆された文だったのか、その辺りも良く覚えていないけれど、鮮于氏は次のように述べていた。(例によって、うろ覚えだが・・)

「今の日本の若い人たちは、戦前の日本人より、自分たちのほうが国際的であると思っているかもしれないが、とんでもない。戦前の日本人は遥かに国際的だった。・・・・・・私は、日本の若い人たちが大学で、例えば、タイ人の先生から授業を受けている未来を想像したりする。日本にはその力があると思う・・・」

多分、70年代の後半か80年代の前半に出版された本だから、“今の日本の若い人たち”というのは、私の世代〜団塊世代ぐらいを指しているはずだ。

確かに、戦前の日本は“多民族国家”であったし、国際感覚にも優れていただろう。でも何だか、鮮于は、日本を買いかぶり過ぎていたかもしれない。鮮于氏が夢みた未来は、ちょうど今ぐらいの時代じゃないかと思うが、果たして今の日本に、それだけ多様化を図れる力があるだろうか?  

しかし、最近、活躍の場を求めて海外に出て行く若いスポーツ選手や科学研究者の話題に接すると、『いや、出来るのではないか』と思えてくる。ついでに、政治家さんも40歳前後まで若返ったほうが良さそうだ。どうも、私の世代やその上が問題であるような気がする。

俺の墓に唾を吐け
http://www.neo-pro.jp/makoto/tayori/diary/diary.cgi?mode=read&page=30&y=2014&m=1

この「俺の墓に唾を吐け」に描かれた昭和18年頃の日本、東京士官学校に入学していた朴正熙について、当時、中央大学で学んでいた金鍾吉氏は、「あの頃が、朴正熙の人生で最も楽しい時期だったんじゃないのか?」と回想したそうだ。

まだ空襲もなく、東京の街は平穏だったらしい。そういう記述はないけれど、それほど差別はなかったようにも受け取れる。

私の想像に過ぎないが、韓国人等への差別は戦後になって、激しくなったのではないか。これについては、戦後に第三国人として、彼らが横暴を働いた所為だとか、いろいろ言えるかもしれない。しかし、その後、私たちの世代になっても、日本人はかつての度量を取り戻せなかった。鮮于氏は、これが言いたかったのだろう。

今、お騒がせの都知事選に出ている舛添さんによれば、戦時中、九州では、選挙の際、朝鮮人の有権者のために、ハングルの広告が配られていたそうだ。それが、今の日本はどうか? 「舛添は朝鮮人!」なんてネットに書き込む奴らがいる。

戦前は、それこそ世界中で戦争していた。言うなれば戦国時代みたいなものに違いない。その中で、日本の軍人と政治家は、見通しを誤り、分不相応な拡大戦略を続けた結果、日本を亡国の淵まで追いやってしまった。

しかし、この戦争を命懸けで終局に導いたのも、軍人だった。鈴木貫太郎首相と阿南陸相。阿南陸相が終戦に同意しながら、陸軍を制御するため、腹芸を演じていたという説が何処まで正しいか解らないが、終戦を迎えると、阿南陸相は、鈴木首相と東郷外相に暇乞いを告げてから、腹を切ったらしい。

維新の英傑にだって、功名心や出世欲はあったに違いないが、敗戦の幕引きをした人たちは、どんな気持ちで奔走したのだろう? まさしく無私の決意だったような気がする。この決意があれば、今の日本の難局を打開するぐらい、わけないと思う。

阿南陸相について、ちょっと調べて見たところ、四男の方が、現在も靖国神社の氏子総代を務めているそうだ。参拝を否定するのも、未だ簡単には出来ないのではないだろうか? 

私も30年前、飯田橋に住んでいた頃は、初詣に靖国神社へ行った。浅草に近ければ、浅草寺へ行っただろうし、神社と寺の区別さえ意識していなかったけれど、あの辺であれば、屋台がたくさん出ていて、正月気分に浸れるのは靖国神社だったからである。

私は、神社にも寺にも、関心が相当低いほうの部類じゃないかと思う。それでも、例えば、中学校時代、お伊勢参りに行ったのは良く覚えている。機会があれば、もう一度ぐらいは訪れたい気がする。

伊勢から奈良、京都へ掛けて旅すれば、日本の歴史そのものが感じられる。私だけじゃなくて、多くの日本人が嬉しくなるに違いない。

ふと思ったけれど、韓国の人たちは、これほど優雅に、歴史を感じながら旅を楽しめるだろうか? 高句麗、高麗、李氏朝鮮までは良いが、そのあとは何処へ行っても、日本の影が見えて来る。朝鮮の王朝の歴史は、1910年に途絶えてしまった。

朝鮮の王朝が慕われていたのは、日本の皇室から嫁いだ李方子妃へ、解放後も、韓国の人たちが変わらぬ敬愛の念を示し続けたのを見れば解るような気がする。

また、戦後、韓国にあれほどキリスト教が普及したのは、国家神道を押し付けていた日本が撤退して、信仰のエリアに大きな空白が生じてしまったからではないかと思う。

このように、私たち日本の歴史も切断され、皇統が途絶えていたら、どうなっていたか? 想像しただけで、耐え難い痛みを感じる日本人は少なくないだろう。阿南陸相は、その歴史の連続性と皇統を守るために腹を切った。
posted by myp2004 at 21:55| Comment(0) | 電車おやじの愚痴ぐち | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

交通テロ

ちょっとまじめに文章を書くかな・・

ソチオリンピックが来月に開催されます。
なんと、ロシアで冬のオリンピックは初めて・・そう聞くと意外な気もしますが、寒いロシアの中で黒海沿岸のソチは温暖な気候で知られるそうです。

温暖な気候・・
冬でも最低気温が氷点下になることは少なく、夏にはビーチが賑わう・・

そんなところなら普通に考えれば夏のオリンピックでしょう・・
なんでこの時期に冬のオリンピックをここでするのか?

政治家の別荘もあることで知られるソチは、しかし・・ロシア南部の火薬庫に近いといわれています。
イスラム原理主義者が跋扈し、政情が不安な周辺地域の中でここは安全なのでしょうか?

昨秋から周辺の都市や国家で特に鉄道やバスなどを狙ったテロ行為が頻発しているのは報道の通り・・
もしかしたら、ロシア政府の強引な報道規制で報道がなされていない事案もあるのではないかと・勘繰ってしまうほどです。

そこへスポーツの祭典を見に行く・・

かつて、ボランティア活動をしていた人たちがイラクで拘束されたとき、日本国民、中でもネット上の世論はどうだったか・・

遊びではない、きちんとした目的意識を持って渡航した人たちを侮辱し、蔑み、罵倒したのではないだろうか?

それが危険な地域に遊びに行くことをマスコミが推奨するというのはどういうことだろう??
ソチへ遊びに行く人は自己責任ではなくてもよいのでしょうか?

選手や審判などの競技関係者はいわば目的があってそこに向かうのです。
彼らには手厚い保護がなされるはずで、それでも、中には覚悟を決めている人もあるかもしれない。

観客の安全も図られるのは当然でしょう。
でも、その安全は100パーセントなのでしょうか。

日本のような治安のマシな国にあっても、すべての面で旅行の安全性は100パーセントには絶対になりません。

それがかなりの部分で不安を持たざるを得ない場所へ「見物」に行くことなど、正気か・・・と思ってしまうのはいけないことなのでしょうか?

航空機の安全は徹底したセキュリティチェックで確保されるでしょう。
でも、鉄道やバスは乗客の荷物検査まで行えるものなのでしょうか?

ソチに新設された「ライトレール」の最高速度は時速160キロとのこと・・
背筋が凍る思いがします。

ちなみに、日本の新幹線も通勤電車もテロ行為に対しての予防策は全くとられていません。
今の日本ではイスラム原理主義者のような危険なグループは建前は存在しないことになっていますが・・
(昔、オウム真理教があったことなど、大半の国民は忘れているのか?)

本当にそうなのか・・考えれば考えるほど、鉄道・道路といった交通システムの脆弱性に怖くなってしまいます。
日本国内グループのみならず、広く世界で活動するテロリストたちも考慮に入れないと本当の意味で安全な鉄道や道路というものは出来ないのではないでしょうか。
もしかしたら、これまで日本の新幹線や高速道路ががテロ被害にあっていないのは
単なる偶然か、運か、はたまた、テロを起こす値打ちのある国家ではなかったか・・でしかないと言っても良いと思います。

テロに備えるなら、何かことあるとき、被害を最小限にする工夫もあってしかるべきでしょう。

(たとえば、フランスのTGVはいざというときのにせめて転覆しないように、低重心の連接式を採用していると聞いたこともあり、実際にてテロ活動も行われましたが、転覆はせずに済んでいます。連接式では実は小田急により世界有数の経験を持つ日本の鉄道ですが、それが安全面への配慮という形で本流にならないのは勿体無いことかもしれません。)

何はともあれ・・ソチオリンピックで何事もなく、無事に祭典が成功し、テロも行われないとこを祈ってやみません。
posted by myp2004 at 16:12| Comment(0) | 電車おやじの愚痴ぐち | 更新情報をチェックする